ダイエットのヒント

間食をやめられない人が、3時のおやつをキッパリやめる方法

stop-snacking


ダイエット中なのに、3時になると間食してしまう。

食べちゃいけないとわかってても、間食がやめられない。

間食をやめる良い方法があれば知りたい!

こういったお悩みにお答えします。

間食がやめられない、の解決策

おやつがやめられない!という人は

「代わりの報酬を用意する」

この方法が効果的です。

本記事の信頼性

この記事を書いている僕はトレーナー歴7年。

自分自身も35kgダイエットした経験があり、ダイエットに悩んでいる方へのアドバイスを得意としています。

間食をしてしまう理由とは?

なぜ「代わりの報酬」が効果的かというと、間食というのは

「なんらかの報酬を得るための行動」

だからです。

例えば、僕のお客さんで

「毎日3時になると、必ずおやつを食べてしまう」

という方(以下、西野さん仮名)がいました。

おやつが原因で太ってきたことは理解していて「なんとかやめたい」と思っています。

パソコンに「おやつ禁止!!」と張り紙をしたりしたものの、全然やめられません。

そこまでしておやつを食べてしまう理由は、一体なんなのでしょうか?

人は報酬を得るために行動する

西野さんはプログラミングのお仕事をしていて、朝9時から18時まで、基本的にずっとデスクワークで机に向かっています。

12時にお昼ご飯を食べて、13時からお仕事再開です。

午後3時過ぎになると仕事の疲れもあってか、

「何かおやつが食べたい」

という衝動に駆られます。

そして会社の1階にあるカフェに行き、コーヒーとクッキーを購入。

同僚の梶原くんのデスクへ遊びに行き、気分転換に10分ほどおしゃべりをします。

その後は自分のデスクに戻り、18時まで集中して仕事に取り組むのでした。

さて、この場合、西野さんはどんな報酬を得ているでしょうか?

答えは「気分転換」です。

習慣の中身とは?

習慣というのは

きっかけ

ルーティーン

報酬

というサイクルで形成されているそう。

参考文献:習慣の力(チャールズ・デュヒッグ著)

西野さんの場合、

きっかけ:午後の仕事に飽きてきた

ルーティーン:カフェに行っておやつとコーヒーを買う

報酬:気分転換する!

このようなサイクルができています。

「気分転換をする」

という報酬を得るためのルーティーンが

「カフェでコーヒーとクッキーを買う」

という行動だったんですね。

きっかけは、

  • 仕事に飽きてきた
  • お昼ご飯後で眠くなってきた
  • カラダを動かしたくなってきた

など、いろんな要因が重なっているかもしれません。

でも、欲しいのは

「気分転換」

という報酬です。

つまり、この気分転換の「代わりの報酬」を用意してあげれば良いのです。

報酬を変えずにルーティーンを変える

例えば、

「雑誌とお茶を持って、梶原くんのデスクへ遊びに行く」

これでも良さそうです。

実際に、西野さんは雑誌とお茶を買って、午後3時に梶原くんのデスクへ遊びに行くことにしてみました。

すると、今までやめられなかった間食が、ビックリするほど簡単にやめられたのです。

なぜか?

それは「気分転換」という報酬が、代わりの行動でもちゃんと得られていたからですね。

我慢!とか根性!では、この習慣は変えられなかったでしょう。(PCに張り紙とかね)

間食の代わりになるおすすめの行動

報酬は人それぞれなので

「どんな報酬のために間食しているか?」

によって、すべき行動はかわります。

あなたはなぜ間食していますか?

今回は代表的な3つのケースそれぞれに対応する、「代わりの報酬」をまとめてみました。

気分転換をしたい場合

  • マッサージに行く
  • 散歩
  • 友達や家族と電話
  • 動画鑑賞

「甘いものが欲しい」という報酬を欲している場合

  • お菓子→フルーツに変えてみる
  • ゼロカロリーゼリーを食べる
  • 小さい飴玉一粒ナメてみる

空腹を満たしたい場合

  • 冷たいお水を飲む
  • 炭酸水を飲む
  • プロテインを飲む
  • スルメやジャーキーなどよく噛めるものを食べる

まとめ

いかがだったでしょうか。

間食がやめられない人は

  • どんな報酬を得るために間食しているか?
  • その報酬を得られる代わりの行動はないか?

を考えてみてください。

我慢する!ではやめられませんからね。

自分の行動や習慣を振り返りつつ、ストレスのないダイエットをしていきましょう。

参考になれば幸いです。

PS

「自分ではうまく振り返れない!」

そんな方は弊社のサービスがお役に立てるかもしれません。

ダイエットの専門家が、あなたの習慣を根っこから変えるためのサービスを行っています。

ご興味がありましたら無料体験を受けてみてください^^

習慣化パーソナルトレーニング詳細はこちら

それではまた。